味噌樽

2016年6月 9日 (木)

木桶仕込みに挑戦してみよう! ~第3回コラム 木桶のつくり手「司製樽」~

今回ご案内している木桶を作ってくださる、若き桶職人さんのお話です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
第3回 木桶のつくり手「司製樽」のご紹介

「桶づくりだけは飽きずに続けられてきた」という桶職人・原田啓司さんは、今回ご案内する木桶のつくり手です。初めて作業場におじゃました時、「好きなように見ていったらええよ!」と歓迎され、身構えていた気持ちが一気にほぐれたのを覚えています。様々な職業を経験しましたがどれも長続きしないなか、桶づくりに出会い「これだ」と感じて職人の道に。いわゆる職人らしくない陽気な印象は、そんな経歴を聞くと納得できます。一方で、仕事への向き合い方は真剣そのもの。6年間の修行を経て、徳島県阿南市で「司製樽(つかさせいたる)」として独立し、様々な百貨店やクラフトフェアに出店するまでになりました。直しながら長く使える桶をつくりたいという考えをもち、合成接着剤を使わず、昔ながらの手法で桶づくりをしています。

全国の桶職人の数は、現在たったの50人余り。かつてはどこの町にもいましたが、ライフスタイルの変化に伴い激減しました。特に酒や醤油・味噌などを仕込む大桶に関しては、製造技術を持つ桶屋が1軒しか残っていません。そんな中、原田さんは日本各地の仲間と協力し、大桶の制作にも挑戦しています。一人では作れない大桶を、醸造家や桶職人、関心を持つ仲間が集まって作る。そんなネットワークが生まれつつあり、原田さんは職人として中心的なメンバーになっています。

桶が好きで人一倍の情熱をかけている姿を見ていると、これから木桶文化はきっと息を吹きかえして盛り上がってゆく、そんな気がしてきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
神保くん、第3回目のコラムありがとうございました。
わたしの地元にも数十年前までは、桶職人がいたと聞いていましたが、現在では全国でたったの50人しかいないとは驚きですね。失われてはもったいない日本の文化、技ですよね。そんな桶づくりの業界に若き原田さんの存在は、心強い希望ですね。
次回は最終コラム桶の扱い方についてです。

第1回コラム 木桶は育ててゆく道具 
http://dansirou-miso.cocolog-nifty.com/…/…/05/post-81b2.html
第2回コラム 木桶と林業
http://dansirou-miso.cocolog-nifty.com/…/…/05/post-19b8.html

<団四郎よりご案内>
木桶のご予約をいただける数がのこりわずかになってしまいました。桶で仕込みたい方は、お早めにお問い合わせくださいませ。引き渡しはイベント当日となります。

価格 19,700円(税抜)
  尚、桶のご予約が出来る方は、団四郎の味噌蔵で行う仕込みイベントに参加出来る方に限らさせていただきます。ご了承くださいませ。

来シーズンのイベントの予定
  1回目 団四郎主催 11月中旬
  2回目 COOP新潟主催 12月上旬 
  3回目 asitisさんとのコラボ 2月下旬 
  4回目 団四郎主催 3月上旬
  5回目 ダイワホームズさんとのコラボ 3月下旬

いずれも土日のどちらかで開催します。

<お問い合わせ先・桶のご予約先>
  下記の連絡先に桶のご予約と共にお名前と参加したいイベント名をお知らせください。
miso@dansirou.com
  025-374-2611

Harada


11707862_935895729803350_2961686009
(写真:村上 航)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月30日 (水)

味噌仕込の終了と味噌桶のご案内

春の味噌仕込みが無事に終わりました。今年は去年から来てくれてる神保くんと、長岡でカフェをやっている文世さんにお手伝いをしていただきました。

神保君は、長岡出身ですが現在は奈良県の川上村で地域おこし協力隊として活躍しています。川上村は吉野杉の産地。吉野杉は昔から桶の原料として使われています。
  団四郎でも祖母の時代には桶仕込みを行っていましたが、桶仕込を続けていると労力が追いつかないと、団四郎でもやめてしまいました。でも5kgの小仕込みならやれそうです。

桶に味噌を仕込続けると、乳酸菌や酵母が樽を住処とし、3年後5年後には独特の味と香りになると言われています。

  今回、仕込中に味噌作りイベントを団四郎で開催しましたが、神保くんから桶の特徴や魅力についてたくさん教えていただきました。

わたしも今年は桶仕込みに挑戦しましたが、来シーズンの味噌仕込イベントでは、皆さんにも数量限定で、木桶をご紹介したいと思ってます。

すっとした木桶の立ち姿は部屋のオブジェとしても楽しめそうです。販売期間は6月~7月を考えています。ご案内はこのブログで紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

また今後、神保君から吉野杉の話、木桶の話、桶職人の話などなどをお聞きして、こちらで紹介していきますので、どうぞお楽しみに!

Photo_3 Image1_3_3

Image1_6_2 Image2_6_2





| | コメント (0) | トラックバック (0)