団四郎メッセージ

2009年12月 3日 (木)

12月 団四郎メッセージ

文・写真 団四郎の父
コープにいがた出荷時に商品と共に添えている団四郎メッセージです。

Photo_2

 11月29日、縁あって長崎の夜景が一望できる旅館に宿泊する好運に恵まれました。日中は一時雨でしたが夕食後はその雨も止み1000万㌦の夜景と言われている光景を目の当たりにして心からの感動を覚えました。しかも女神大橋の手前には長崎の造船所で作られたあの豪華客船飛鳥Ⅱの優美な姿も見ることができました。色とりどりの宝石が長崎港を包みこみ、その締めくくりに飛鳥Ⅱと女神大橋の美しさ。最早これ以上言葉が出ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

10月 団四郎メッセージ

文・写真 団四郎の父
コープにいがた出荷時に商品と共に添えている団四郎メッセージです。

Photo

北の冷たい空気を運んできた18号台風はアメリカハナミズキをあっという間に紅葉させました。22日は天気もよかったのでお日様の光を葉で透かしてみたらこんな見事な紅い色になりました。
 我家のプリンターでは正しい色を出すのが難しく皆様には申し訳なく思っていますが、実はモニターには結構きれいに映っています。
 これから寒い季節となり、新型インフルエンザも流行るといわれています。風邪など召されぬようご自愛下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

9月 団四郎メッセージ

文・写真 団四郎の父
コープにいがた出荷時に商品と共に添えている団四郎メッセージです。

Photo

花穂ジソは刺身のつまとして色どりや独特の風味と食感で人気があります。箸などで茎からしごき落として食べます。シソの実の味噌漬けもおいしいですね。
 昔々蟹を食べすぎて食中毒になり死にそうになった若者に紫色の葉を煎じた薬を飲ませたところ、生き返ったということから紫の蘇る薬つまり紫蘇(シソ)の名前がついたそうです。
 さて、話題を変えます。いま、日本の国の進路に激変をもたらすかもしれない総選挙の最終盤となりました。このみそが皆さんに届いたときにはもう結果が出ているはずですが、政治の面でも経済の面でも真に国民の立場にたった運営を行なってもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

8月 団四郎メッセージ

文・写真 団四郎の父
コープにいがた出荷時に商品と共に添えている団四郎メッセージです。

1

雨あがりの日の午後3時、我家の酔芙蓉は傾きかけたお日様の光を浴びてこんなにもピンク色に染まってしまいました。
したたかにお酒(お日様)を飲んだような色合いです。
そして、たった一日で花ははかなく枯れてしまいます。
判官びいきの日本人にこよなく愛されるゆえんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

7月 団四郎メッセージ

文・写真 団四郎の父
コープにいがた出荷時に商品と共に添えている団四郎メッセージです。

005

ただ今梅雨のど真ん中ですが、6月25日午後3時現在、体感温度31度位の暑い日となっています。今年は春から降雨がいまだかってないほど少なく、畑作物の喉はカラカラになっていました。
 梅雨入り直後とこの間の雨で畑もようやく一服という感じで写真のキュウリも生き生きしていました。  我が家の85歳の婆ちゃんの作品です。
 ここであらためて団四郎味噌の特長を考えてみますと、それは素材の良さをとことん引き出だそうとする味噌ではないかと思います。
 もろきゅうにしたときキュウリのおいしさを精一杯引立て、自らはほのかな香りとわずかに味噌のあじを演出する、そんな名わき役だと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

6月 団四郎メッセージ

文・写真 団四郎の父
コープにいがた出荷時に商品と共に添えている団四郎メッセージです。

Photo

我が家の田んぼから舞い上がる青鷺です。手持ちで撮ったのでぶれています。5月下旬の頃は夕方になると毎日のようにやってきます。近寄るとすぐ飛び立ってしまうため、なかなかシャッターチャンスがありませんでしたが、ようやくカメラに収まったため、ご覧頂けるようになりました。
 この田んぼの稲は6月5日現在、だいぶ分けつが進み青々としてきました。田植え後結構天気が良かったため順調に生育しています。収穫の秋を楽しみに、毎日水管理をしながら、稲姿を眺めています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

4月 団四郎メッセージ

文・写真 団四郎の父
コープにいがた出荷時に商品と共に添えている団四郎メッセージです。

Photo

入学式のシーズンにふさわしく桜が咲き始めました。桜の開花に誘われて庭の白木蓮も今や遅しとはちきれんばかりにつぼみをふくらませています。
 今日(4月9日)は満月です。高気圧に覆われて日本国中が晴れのようですが、ここ新飯田は今晩疑いようもなく晴れで雲ひとつ無い予定です。
 満月に浮かび上がる白木蓮の幾百の白い蕾を想像してみてください。
 雅であでやかでおごそかな姿が想像されます。今晩それを見ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

3月 団四郎メッセージ

文・写真 団四郎の父
コープにいがた出荷時に商品と共に添えている団四郎メッセージです。

Photo

新潟地方気象台の桜の開花予報は新潟市では来月6日となるようです。平年と比べると4日ほど早いそうです。また、今日のニュースによると福岡では早くも桜が開花しました。こちらは例年より11日早く1953年の統計開始以来最も早い開花となりました。2月の平均気温が3~4度も高かったようですね。
 写真の花は日当たりのよい畑に咲いた梅の花で、昨日(12日)開花しました。こちらも暖かな日が続いたためか、かなり早い開花となりました。
 我が家ではこの梅ともう一本の梅が、梅干しと梅酒になります。梅のことを考えていたら、口の中に唾がたまってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

2月 団四郎メッセージ

文・写真 団四郎の父
コープにいがた出荷時に商品と共に添えている団四郎メッセージです。

Photo

生協組合員の皆様にお届けしているこのみその原料はすでにご存じと思いますが、あらためてお知らせします。
 大豆は北海道十勝地方のトヨマサリ、米は団四郎が作るコシヒカリ、塩はオーストラリアの塩の湖で太陽と風の力で天日結晶されたやさしい塩味の天日湖塩です。
 今回は大豆のトヨマサリを紹介します。トヨマサリは大豆の中でも甘みがあり、ほかの大豆と比べるとほとんどの人がこの大豆に軍配をあげるため、大豆の横綱とも言われています。煮豆良し、酢大豆良し、その他豆を使った料理なら何でも良しの素晴らしい品種です。お試しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

11月 団四郎メッセージ

文・写真 団四郎の父
コープにいがた出荷時に商品と共に添えている団四郎メッセージです。

1

「かきのもと」は白根の特産物として知られていますが、一部のところでは「もってのほか」とも呼ばれています。これは天皇家の菊の御紋を食べるとは「もってのほか」だと言われるからとの説もあります。
 天皇家の地元の東京とか東北地方では当初菊を食べるのは畏れ多いということで、その普及はなかなか進みませんでしたが今では秋の定番の料理として普及されています。
 食用菊を白根の特産物として定着させた先人達は、最近注目された言葉で言うと イエス ユウ キャン(そうさやればできるさ)、チェンジ(変革)、この二つの精神で新しい農産物の普及に当たった努力の賜だと思います。
 おひたしやサラダで深まりゆく秋を楽しんでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)