« 新しいシリーズのご紹介です | トップページ | 味噌漬ふりかけの美味しい味わい方 »

2015年5月18日 (月)

二十年味噌の美味しい味わい方

二十年味噌は長期熟成される中で、深いコクと豊かなお香りが広がる他にはない独特のお味噌に仕上がりました。これをいったいどのように味わったらよいのか。団四郎から二つの提案です。

500


<お味噌汁に>
まずはお味噌汁にして味わっていただきたいと思います。ただ、二十年味噌の独特の香ばしさと香りを味わうためには、出汁や具などを入れずに、シンプルにお湯で溶いたものが一番長期熟成の味わいが感じられます。もちろん、普通に出汁や具材を入れたお味噌汁も美味しいです。

二十年味噌   大さじ1(15g程度)
お湯        150cc(80℃程度)

Photo


<二十年味噌のチーズクラッカー>
二十年味噌をキャビアのような味噌と表現された方がいましたが、しっかりとした塩味と少量でも豊かな香りが広がるので、チーズなどとも相性がいいです。実はこのレシピ、ワイン好きの方に教えてもらいました。お酒のおともにぜひ。

カッテージチーズ  50g
ニンニク       1かけ
ネギ         少々
二十年味噌
クラッカー

1.ニンニク、ネギをみじん切りにする。
2.カッテージチーズと1を合わせる。
3.クラッカーに2と二十年味噌を真珠粒ほど乗せて出来上がり。

Photo_2

|

« 新しいシリーズのご紹介です | トップページ | 味噌漬ふりかけの美味しい味わい方 »

お味噌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二十年味噌の美味しい味わい方:

« 新しいシリーズのご紹介です | トップページ | 味噌漬ふりかけの美味しい味わい方 »